セフレ募集中!マッチングアプリ・出会い系サイトを使って、無料で理想のセフレを今直ぐに見つける方法を伝授します。セフレと出会って刺激ある毎日を送りましょう!

SOKUYARI - ソクヤリ-

登録者最多 ハッピーメール

アダルト特化型 PCMAX

素人が多いと評判 ワクワクメール

管理人の体験談

【体験談】キレイ系の人妻は中出しも可能だった

投稿日:

世の中、お盆休みです。
僕も会社が10日近く休みなので、暇な時間は早朝から近くの防波堤へ海釣りに行ってます。

でも暑いので釣れません。海水の温度も高い
千葉の海は汚いのですが、都内から海水浴にきている方がたくさんいます。
こんな汚い海で良く泳げるな~といつも感心してしまいます。

まあ、他人事ですから関係ありませんがね。

休みが長いのはストレスです。

休みが多くていいね!なんてよく言われますが、そんなことはありません。
一言で言えば暇です。

知り合いのセフレは、皆帰省などの予定が入っているらしく、田舎へ帰っているそうです。
ということで、先日この休み中に夜の飲み相手になってくれる女性探しも兼ねて、いつもどおりPCMAXでフレンド探しをしていました。

さすがに長期休みに入っている人も多いようで、女性も暇なのかな?
いつも以上にアクティブユーザーが多かった気がします。

相変わらずですが、暑いしあまり遠くへ行きたくないので、近所で暇そうな女性を探していました。

 

 

 

 

 

すると、良くわからないけど、即会いOKな女性がいましたので、メールして見ました。
それも、めちゃめちゃ近いところに住んでいそうな感じです。

なぜか、人妻です。

人妻がお盆休み中に暇ってよくわかりませんが、即会いOKだったので、1回目のメールから「近隣に住んでいます。明日会いませんか?」という内容でメールしてみました。

そうしたら、即返事がきました。

「良いですよ!どこで待ち合わせますか?」

ですって

即返事じゃん。。。。大丈夫か!?

逆に僕のほうに怖さが増しました。

しかし、会うのはタダだし、会ってみようと思い、お互いに近そうな駅デパの1Fで翌日夕方待ち合わせしてみました。

そして、翌日というか当日、約束の場所に行って待っていました。

そしたら来ましたよ。。例の人妻が。。。

もちろん、僕から声かけましたが、笑顔で”ゆかさん(仮名)”と確認できました。

事前に食事とお酒を一緒に飲む約束もしていたんで、そのまま居酒屋に移動しました。

しかし、この日は夕方でも暑い日でした。

こういう暑い日はビール!ということで、ビールで乾杯からはじめました。

飲みながら、一番気になっている

「なんで、ゆかさんは、人妻なのにお盆中暇なの?」

とズバリ聞いてみました。

すると、単に旦那とは既に離婚協議中で、今も独り暮らし、結婚して誰も知り合いがいない知らない場所に住んでいるとのことでした。

仕事の関係上、今は他に住処を移動するつもりもないし、まあ、千葉で暮らしていければそれで良いとのことでした。

この地域に友人もいないし、暇だったので出会い系を利用してみたとのことでした。

ゆかさんの年齢は、40歳手前だと言っていました。想像以上にスリムでキレイな方です。
あまり女性に年齢のお話を聞くことはタブーなので、それ以上は聞いてません。

ちなみに既に旦那は、自分の実家へ帰り家業を継いでいるということで、鉢合わせすることもなさそうです。

「ゆかさん、今日って何時くらいまで大丈夫なの?」

って聞いてみました。

すると、

「別に明日も仕事休みだから、何時でも大丈夫よ

ですって! ん ~ ~  いいですね。。。。

1軒目の居酒屋では、食事して相当飲みました。

朝までコースを想定しましたので、2軒目はちょっとお洒落なバーに誘いました。

僕は、大好きなウイスキーをショットで頼んで飲みました。

ゆかさんは、カクテル飲んでいましたね。

お店にダーツがあったので、ダーツをしながら飲んでいました。

ダーツするの何年ぶりだろう。

ダーツは流行した頃やっていましたので、友人なんかにトーナメントプロがいます。よく一緒にやっていましたね。

まあ、そんなこんなで話も盛り上がりながら、お決まりで次はホテルへ行くわけです。

もちろん、共に出来上がっていますので、何にも躊躇い無く入ってしまいます。

すると、ゆかさんはシャワーを浴びたいといったので、入ってきてと促しました。

僕は、その間に部屋の中を下準備で調査です。

いつもどおり、コンドームがありましたが、装着するかしないかは成り行きです。

ローターの自販機もありましたが、今日は買いません。

そんなこんなしているうちに、ゆかさんがシャワーから出てきました。

交代で僕が軽く浴びに行きます。

浴びて出てくると、ゆかさんはベッドに入っていました。

電気を暗くしていましたので、僕はその上から襲いました。

キスからはじめて、布団をめくって、おっぱいを舐め回しました。

スリムで、キレイなおっぱいです。上品な乳首

舐める度に

「あぁんっ…んんっ…」

   「あぁんっ…んんっ…」

いやらしい声が続きます。

僕の顔は、どんどんゆかさんの下半身に近づいていきます。

片手はおっぱいを触りながら、舌はおまんこに近づいてきました。

腰がうねり始めました。

おっぱいから手を離し、手でおまんこを広げて、べろべろ舐めまわします。

あそこは暖かく、少しドロドロした液体が出始めました。

指を入れたりすると身体は大きく反応します。

 

 

「あぁんっ…んんっ…」

「だ・だめぇ!はあぁああぁぁんっ……」

僕は、わざと彼女の顔の前におちんちんを持っていきました。

すると、手で触るなり、いきなりしゃぶりました。

「だ・だめぇ!はあぁああぁぁんっ……」と言いながら

「あぁんっ…んんっ… 気持ちいい?」って聞いてきます。

「気持ちいいよ。」と僕が答えると、「ジュル……ル……ル  ジュル……ル……ル」

と吸い付くようにしゃぶっています。

ダメだよ…そんなに舐めたらイッてしまうよ~」と意地悪に言ってみました。

ゆかさんは、「まだだめ~ もう我慢できない……入れて

僕の体力がある限り、今日は何回かセックス出来るので、もう入れてみました。

コンドームいらなさそうです。了承の生ハメです。

小さくってプリッとしたお尻が、イヤラシイのを助長しています。

アソコの締め付けというか、膣の中が凄く纏わりついてくるので、気持ちよくて

僕もハァ~ ハァ~ しながら

「気持ち良すぎるよ~ いきなり出しても怒らないでね~ 長く持ちそうも無いよ~」

って言ってしまいました。

ピル飲んでるから、中出して大丈夫だよ♡いっぱい出して

だって!

久々の中出し祈願です。

じゃあ、遠慮なくということで

だ・だめぇ!イッちゃうイッちゃうぅ!はあぁああぁぁんっ……ゆかの中にいっぱい出して

誘惑されたので、大量の精子をゆかさんの膣に生で中出し決行です。

遠慮せず、一発目の濃いのを搾り出しました。

ゆかさんのあそこから僕の精子が流れ落ちていましたので、ティッシュでふき取りましたが、量も多かったです。

ゆかさん、顔は火照っていましたが、まだまだって感じです。だから、精子が残っているアソコにまた挿入してそのまま2回戦突入です。

この日、結局何回したか覚えていませんが、チンチンが立たなくなるくらいしました。

ゆかさんとは、翌朝お別れしましたが、また近々会う約束をしています。

もう少しで、バツイチシングルに戻る予定とのことでしたので、安心してセフレになってくれるような感じです。

-管理人の体験談
-, ,

Copyright© SOKUYARI - ソクヤリ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.