セフレ募集中!マッチングアプリ・出会い系サイトを使って、無料で理想のセフレを今直ぐに見つける方法を伝授します。セフレと出会って刺激ある毎日を送りましょう!

SOKUYARI - ソクヤリ-

 

登録者最多 ハッピーメール
アダルト特化型 PCMAX
素人が多いと評判 ワクワクメール

PCMAXでポイントを貯める

多くの出会い系サイトは、ポイントを買って、サイト内のコンテンツを楽しむことができます。ポイントはお金の代わりですので、極力節約したいですよね。PCMAX【18禁】では、ポイントを無駄なく貯める貯蓄方法が公開されています。

 

管理人の体験談

【体験談】ローター電マ以外でイケない37歳ケイコさん

更新日:

実は、先日出会った女性のお話です。
出会い系サイトを検索していた時、30代のごくごく普通っぽい女性にたどり着きました。

【今直ぐに会う】ではなかったので、あらかじめ予定立てて会いました。

プロフの写真から、きれいな感じと体系がスリムという点だけにソソラレての期待の出会いでした。
女性ですので、プロフの写メは盛られていると確信していましたので、正直会うまでどんな女性か想像がつきません。

いつものように千葉駅周辺で待ち合わせ

来た女性が、

「うそ ~ ~ 」と目を疑う程の美人

 

・・・ではなく、本当に普通の一重まぶたで切れ長の細い女性でした。

確かにスリム

美人ではないけど、まあ普通 性格がきつそうな印象

これが第一印象です。

会社が終わった後の待ち合わせで、お酒が飲めると聞いていましたので、大手チェーン店の居酒屋へ入りました。

お互いに軽く自己紹介しましたが、緊張からか話し方もとにかく暗い印象でした。

名前は、ケイコさん(仮名)37歳だそうです。

物静か・・・とでも表現すれば良いのでしょうか。。。。暗い。。。。というのが本音です。

さて、どうしよう。これじゃあ、盛り上がらないな・・・・

ずっと、盛り上がる方法を考えていましたが、まあ、そこは酒の力、飲み続けていくと、自然と普通の笑顔が見られるようになりました。

「○○さんは、セフレ探しで登録してんの?」

酒の力は怖いものです。少し経ったら、いきなりこんな質問が来ました。
なんだこの女性は・・・豹変するのか?

「まあ、そういうわけではないけど、その目的もあるかな・・・」

ダントツに嘘つきました。
そうしたら

「私は、最近セフレ探し始めんだ ~ 」

「彼氏も出来ないし、彼氏じゃなくても遊べる人サイトに沢山いるって知ったから」

僕は

「じゃあ、僕もセフレになれんの?」

脈ありということで、意地悪な質問を返してみました。

「別に良いよ。」

えええええっっっっ!!です。

簡単にヤレる約束GETです。

 

「今日は?」

「良いよ。。。」

 

笑顔で答えていましたので、僕がヤリ目相手になった感じです。

勢いを大切にするべき、酒は一旦止めて店を出ます。

歩きながらも腕を組まれ、欲求不満なくらいくっついてきます。
そして、あんなに最初暗かったのに今は良くしゃべる女性に変わっています。

自然といつも利用しているホテルへ向かいチェックインしました。

部屋に入るなり抱きつかれてディープキスされました。

そのキスが上手過ぎるというか、ねっとりねっとりしつこいくらいベロが僕の口の中で動き回っています。

そして、片手が僕のチンチンをいじりだしています。

こんな女だったっけ?

出会った瞬間を思い出しましたが、完全なる豹変としか言いようがありません。

「シャワー行く?」

「うん」

彼女を先にシャワーに入れました。追うように僕も入ります。

シャワーを軽く済ませ、二人で裸のままベッドに行きました。

小さ目のおっぱいでしたが、舐めまわしていると感度は良く

「ハァァァハァァァ  ハァァァハァァァ  んっ…んんっ…」

身体を捩りながら声を出しています。

手はおっぱいを触りながら、大陰唇の隙間に舌を這わせクンニしてみました。

「ジュル・・・ジュル・・・ジュル・・・」

アソコは、久々に見たきれいな縦長です。なんか、しまりがよさそうな形をしています。
クリトリスも舌でなめまわします。

「あぁんっ…んんっ…いい いい ダメェ~ ハァァァ …いい」

腰が動きます。

「ねえ、バイブ使っていい?」

「…んんっ…いいよ ハァァァ」

持参しているバッグからミニバイブは事前に取り出しておきました。

クンニしながらクリトリスをバイブで攻めます。

するとアソコの中から、少しずつ白い液体が流れ始めました。

「あああああああ 気持ち良いィ~ ダメェ~ ハァァァ …いい 出ちゃうよ。。。」

タオルを敷いていますので

「出して良いよ。。。」

クネクネが凄く、バイブが的からハズレそうになります。
それでもしつこくクリトリスを攻めます。

「ダメェ~ ハァァァ …いい 出ちゃう 出ちゃう 出ちゃうよ」

その瞬間、ピュッと潮が吹きました。

直ぐに指を入れ、梗塞指マン攻撃です。

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ダメェ~ イクッ イクッ」

たくさん潮が出ています。ちなみに僕の手は洪水です。

「きもちいいィ ~ よ~ ハァァァ ハァァァ ハァァァ ねえ、ちょうだい」

駄目 × まずはじっくりフェラしてもらいます。

僕の上に乗ってもらい、69でフェラとクンニです。

僕のチンコにムシャブリついています。手も上手に上下しています。

僕も負けないように舌をアソコに這わせて舐めまわします。

「ねえ もう我慢できない 入れていい?」

そのまま騎乗位で入れられてしまいました。

「ゴムは?」

僕の方が聞いてみました。

「いらない。中に出さないでね。」

「わかった」

スリムなので、とにかく良く腰が動きます。
前後左右の他に上下にも微妙に動くのです。

おっぱいも小さく、下から見下ろす女性のセックスしている姿が妙に色っぽいです。

これは、最高に気持ち良い。。。。。そう思いながら
僕の快感は絶頂に達しようとします。

「ねえ、出そう・・・」

「まだ、イカないで もっと ~ もっと 」

「えっ ダメッ 出るっ」

すかさずチンコからアソコが抜かれ、フェラです。

その瞬間

「アッ」

射精です。

ケイコさんは「ウッ・・・」と言いながら手は上下にピストンされ、口で僕の精子を受け止めています。

「ジュル・・・ジュル・・・」

口から出すことなくゴクリです。

 

「気持ち良かった?」

 

当たり前のことを聞いてくる女性です。

「勿論だよ」

「じゃあ  もっとやろう ~  よ」

「いいよ」

ということで第二回戦です。

「私ね、電マかローターじゃないとイかないんだ ~ 」

いきなり男じゃイカない宣言です。

男は一回射精すると、交戦状態になるまで時間がかかりますので、ある意味助かる告白です。

じゃあ、遠慮せずということで

「ブゥゥゥゥゥゥンゥゥゥゥゥゥン」

とバイブが雄叫びをあげながら、ケイコさんのアソコを攻めまくります。

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ダメェ~ キモチイイッ ハァァァ ハァァァ」

アソコがヒクヒクしながら声が漏れます。

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ」

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ダメェ~ キモチイイッ」

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ハァァァ」

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ダメッ イクッ」

クリトリスの徹底した攻撃で、ケイコさんは絶頂のようです。

筋肉の硬直が急に取れました。

視線もダラリという感じでしたので、イッたのでしょう。

でも、僕は続けます。

「ブゥゥゥゥゥゥンゥゥゥゥゥゥン」

「ハァァァ ハァァァ ハァァァ ハァァァ」

「ダメェ~ ハァァァ …いい また 出ちゃう 出ちゃう 出ちゃうよ」

・・・・と、イッた後の潮噴きです。

その潮を舐めるようにクンニして完全な二回戦が始まりました。

 

 

 

結局この日、僕の精子が最後まで絞りだされる程、ヤリまくりました。
あんなはじめは暗かったケイコさんでしたが、数時間後には豹変してセフレです。

来週、また会う約束をしています。

オナニーもローターや電マなので、もう男のちんちんではイケないと言っていました。
じゃあ、今度はディルドでももってきてせめてやろうかと考えています。

管理人がいつも使っているアプリ

体験談の女の子と出会っている私が普段使っている出会い系アプリの画面です。

スマホでの基本的な画面になります。もちろん、無料で利用することが可能です。

無料で登録ポイントがもらえますよ!

 

 

今、サイトにアクセスしている女の子が簡単にわかります。

 

 

このように自分の目的によって様々なことで検索が可能です!

 

 

ちなみに足あと機能付きですので、誰が自分に興味をもったかは一目瞭然です。

同じような出会い体験をしたい方は、是非使ってみてください。

 

登録者最多 ハッピーメール
アダルト特化型 PCMAX
素人が多いと評判 ワクワクメール

-管理人の体験談
-, ,

Copyright© SOKUYARI - ソクヤリ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.