セフレ募集中!マッチングアプリ・出会い系サイトを使って、無料で理想のセフレを今直ぐに見つける方法を伝授します。セフレと出会って刺激ある毎日を送りましょう!

SOKUYARI - ソクヤリ-

メニュー

 

登録者最多 ハッピーメール
アダルト特化型 PCMAX

メールで落とすテクニック編

メール送受信する時の基本的なポイント

更新日:

出会い系サイトで、女性に出会う為には、開封されるか、返信がもらえるメールを送信する必要があります。
また、仮に女性からメールで返信をもらった時に、次に送信するメールで「いかに時間をかけないで、待ち合わせ場所まで女性を呼び出すか?」がポイントになります。

今回は、このタイミングを踏まえた女性に出会えるための「メールを送受信する時の基本的なポイント」をお知らせ致します。

基本的なポイント

敬語で攻めるか、普通の日常会話で攻めるか?

プロフィールから読み取れる女性のタイプによって大きく異なるとは思いますが、あなたより年齢的に格差がありそうな若年層へメールする場合には、丁寧な日常会話語で良いでしょう。

但し、同世代や年上には敬語を使うのがベストな選択です。
あまりにもガチガチの敬語を使うと、女性に重い空気感を与えてしまい、メール文章の一語一句を考えさせる空気となってしまうので、返信が頂けない、もらえないことが多くなります。

女性が、難しく考えないで気軽にメールで返信できるくらい、失礼のない程度の文章を作成して送信する様に心がけてください。

女性の場合は、「敬語なんて使わないで、お互いタメ口にしようよ~」など注文が来ますので、女性からこのような指摘がありましたら、タメ口が解禁となります。

この場合でも、突然上から目線になったり俺様に凶変したりすることがないようにして下さいね。

顔文字は使うべき?

絵文字は使った方が親近感を持たれやすいですが「使い過ぎ」は、良い結果をもたらしません。
若年層にメールを送る場合でも、1回のメールで3つくらいまでにしておきましょう。その方が無難です。
絵文字を使い慣れていない場合、パソコン絵文字の「^^」とか文章で「汗」「笑」のような子守を表す程度で対応してください。

自分のたとえ方、「僕」「私」「俺」のどちらが良いか?

出会い系サイトの場合、手紙とか会社で使うような「私」や「小生」といった一人称を使うと、お役人?固すぎるイメージになり、かなり敬遠されることが多いです。

女性のタイプによって異なりますが、ちょっと真面目そうなタイプだなと判断するなら「僕」、若年層やちょっとノリが良い女性の場合は「俺」でもいいと思います。

しかし、あなたが様々な女性とメールする場合(殆ど複数人と同時にメールしますよね)、個別に「俺」「僕」を使い分けることで間違えることがありますので、以外に使い分けは難しいかもしれません。

だから、タイプが異なる女性(ギャルと熟女)とメールする際は「僕」で統一した方が間違うリスクはなくなります。

女性の敬称は、「さん」、「ちゃん」のどちらが良いのか?

年齢にもよりますが、年齢格差があって年下の場合、またはあなたが25歳未満で同世代の女性の場合「ちゃん」でOKです。
その他の世代の女性には、親しくなるまで「さん」つけで呼ぶほうが無難です。

女性の場合は、「呼びすてで良いですよ!」「さん付けしないで」とか注文が付くことが多いので、女性が呼ばれたい名前で呼んであげるような、ごく自然な感じで変更するようにしてください。

普段、出会うきっかけがない「あなた」こそ、出会い系サイトを使うべきです。

都合の良い時に遊んだり、飲みに行ったり、時にはホテルでセックスしたり・・・

出会い系で知り合い、直接会う、そしてセックスまで持ち込むという興奮度が全く違います。

・ 看護師や保育士のように他業種
・ 自分好みの年代
・ 同じ趣味

条件を指定して出会うきかっけをつかむことができるんですよ!

偶然ではないのです。必然的な出会いを生むことが可能なわけです。

出会い系を使っている女性もリアル社会で知り合う機会がない。
だから、その「出会いのきっかけを見つける為」に利用しています。

結局、女性も目的は一緒ですよ!

集いの場所が「出会い系サイト」ということだけで、別に特別な場所でもなければ、怖いような場所でもありません。

参加してみて、嫌だったら退会すれば良い、気に入らなかったら返信しなければ良い、会いたくなければ拒否しても構わない、それだけのことです。

どこも最初は無料ポイントで利用できるわけですから、実際に使ってみて考えれば良いだけです。

エロビ観て妄想オナニーしている毎日だったら、出会い系サイトを使ってみなさい。

損はないはずです。。

 

登録者最多 ハッピーメール
アダルト特化型 PCMAX

-メールで落とすテクニック編
-,

Copyright© SOKUYARI - ソクヤリ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.